<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< はちみつおじさん | main | ねむり学校 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.09.03 Wednesday  | - | - | - | 

ホメオパシーと梅肉エキス

またまたうちのお坊ちゃまが熱を出した。

日曜の夜中から何となく熱くなってきて、月曜日の朝に熱を測ったら37度8分あった。すぐにお医者に連れて行くと、前のインフルエンザの時のように、すぐすぎてインフルエンザにかかっていても検査薬で反応があらわれなかったらいやなので、夕方連れて行った。

夕方まで熱も上がりも下がりもせず、結局鼻水じゃあじゃあの”なつかぜ”とのことだった。女医さんによると、ちまたではヘルパンギーナという恐ろしい名前のついた風邪がはやっているとのことだったが、うちの坊主はのどは赤いが白い斑点は見えないのでただの風邪でしょうということで、抗生剤とのどの薬だけもらって帰って来た。

うちのおぼっちゃまは、相当な薬好きで、今回も新幹線の絵のついた袋に甘いオレンジの粉薬と、これまたかわいいきつねちゃんみたいなもののついたボトルのシロップをもらってきて、大喜びである。
帰ったらすぐに飲もうね、と、食後のに飲まねばならぬ薬を心待ちにしている。

うっかり食事の後に飲ませ忘れそうになると、お薬お薬と催促される。私よりよっぽど几帳面。

その彼の最近のお気に入りは、アーニカと梅肉エキスである。

ホメオパシーはなくなったうちのおばあちゃんが信奉(?)していて、私も小さい頃からアーニカだのアコナイだのいろいろな種類の薬を飲まされた。
当時は調合してくれる薬剤師さんの名前をとって、うちでは”左近さんの薬”と呼んでいたが、何の症状の時はこれ、というものが決まっていてはいるものの、どれもあまい砂糖で包まれた小さな粒なので、私はどうしてもあまり効くような気がせず、とにかく気休めになめていた覚えがある。

大きくなってから、あれにはトリカブトとかの毒が入っていると誰かに聞かされて、ちょっとぎょっとした。おばあちゃんんからもらっていた薬は、みんな白い折り紙のように折られた紙の中に包まれていて、ちょっと趣があったが、最近母からもらうものは小さな透明のプラスティックの容器にわりと大きな粒で入っていて、まるでおかしのようである。

そのおかしのようなアーニカを、お坊ちゃまは事あるごとに要求する。食べてはすぐに、あー直った!などといっている。

そして最近、生協で、これまた私が小さい時に常用していた”梅肉エキス”を見つけなつかしさのあまり買ってしまったら、お坊ちゃまのお気に入りとなった。

子供の頃、しょっちゅうお腹をこわしてお腹が痛くなっていた私は、梅肉エキスが手放せない人だった。一体梅肉エキスに腹痛を治す作用などあるのかまことに疑わしいが、とにかく俺には効いていたのだ。お手洗いに行った後、薬の瓶に備え付けの梅干色の小さなスプンに真っ黒なエキスをよそって、すっぱいのを我慢し舌を黒くしながらぺろぺろなめると、不思議とそれ以上お腹が痛くならなかった。

生協の商品紹介を見ても、腹痛に効くなど一言も書いていないので、あれは母が思いついた私の精神安定剤だったのかと思う。
まねして、坊主がお腹が痛いというたびに梅肉エキスをなめさせると、顔をくっちゃくちゃにして、すっぱーいといいながら、お腹直ったー、と大声で叫ぶ。

病は気からともいうが、単純な私たち親子にとっては、強い薬よりこのおまじないのような薬の方が向いているらしい。

今日のゼロ:まだ本調子でないらしい。機嫌が悪く、お風呂から出てきてもおお泣き。あまりにうるさいので、私がぶりぶり怒ると、”ママ笑って−”とますます大きな声で泣く。それを聞いてまた私がますます切れる。悪循環。いつになったら、広い心のいつでもやさしいお母さんになれるのだろうか、、、。一生無理か、、。





2006.07.12 Wednesday 00:30 | comments(7) | trackbacks(0) | 医療 | 

スポンサーサイト

2008.09.03 Wednesday 00:30 | - | - | - | 
(2006/07/13 7:05 PM)
はじめまして。
日記、楽しく読ませていただきました☆

私は2年前に自由学園最高学部2年課程を卒業して、今は東海大学でフィンランド語を勉強しています。この夏、フィンランドに行く予定です。
「自由学園 フィンランド」と検索したら、ここにたどり着きました。生活団の卒業生ですか?
よろしければメールください。
moimoi (2006/07/13 7:36 PM)
初めまして、こんにちは。私は現在夫の留学でフィンランドのトゥルクに住んでおります。今日ある方からこちらのブログを教えていただきました。
それで、唐突ではありますが、ちょっと教えていただきたいのですが・・ただ今フィンランドのお絵かき事情を調べております。以前のブログにお子さんが幼稚園でお絵かきをするのに使い古しのコピー用紙を持参するって書かれていらっしゃいましたが、どこの幼稚園でもそうなんでしょうか?幼稚園生とかお絵かきをするとなると日本だとまずお花、チューリップとかを書きますが、こちらは主に何を書きますでしょうか?太陽は日本では赤く書きますが、こちらも同じでしょうか?など、些細なことでいいので、お教え願えませんでしょうか?また大人のお絵かき事情も知りたいです。突然不躾な質問ですみません。お時間ができましたら、教えてくださいませ。
zerokichi (2006/07/13 7:43 PM)
学部の方、コメントありがとうございます。
フィンランドにいらっしゃるんですか?いいなあ、、。
フィンランドで、お母さんが自由学園の卒業生という方に何人かお会いしました。実はうちも、祖母も母も妹も親戚中卒業生だらけです、、、。
メールアドレスがわからなかったので、もう一度アドレスつきでコメントいただけますか?
もしくは以下のアドレスにメールください。
dp43145116@ki.lolipop.jp
zerokichi (2006/07/13 10:53 PM)
moimoiさま、はじめまして。
お絵かき事情ですが、うちの坊主が保育園にいたのは10ヶ月から2歳までだったので、実際クラスでみんながかいていたものはぐちゃぐちゃか、先生がお膳立てしてポスターカラーに子供の手をつけて押したものに先生が何か足したり、フィンガードローイングみたいなものばかりでした。
もう少し大きくなると、子供たちももっと具象的なものをかいていたようですが、じっくり観察したことがないのでわかりません。すみません!
ただ少し大きい同じ保育園のお友達が大きな紙にねっころがって輪郭をかいたところに、顔や洋服を描いていたのを見たことがあります。
全体的にマンガチックなものを先生たちがかいたり飾ったりすることはないので、子供たちの絵もあまり固定観念われず、キャラクターものをたくさん描いたりすることはないような気はします。(ただ、ポケモンだのなんだのテレビでたくさんしているので、きっとかいてるこもいるんでしょうね)
使い古しの紙の件ですが、紙だけでなく布やいらなくなって使えそうな材料は結構親たちが持って行っているようですよ。とにかく保育園の予算が少ないので、親たちも協力できることはする風潮にあるように思いました。
例えば、クリスマスも親たちでお金を出し合って何か園にプレゼントしようという話になったこともあります。
フィンランドの保育園もとてもオープンですので、いきなりでも電話してでも見学しに行くと喜んでみせてくれますよ!
日本人の方で美術教育を現地で専門に勉強していらっしゃる方もいらっしゃるので、必要であればご紹介します。
私もお絵かき事情に興味があるので何か発表される際には是非教えてください!
moimoi (2006/07/14 12:35 AM)
zerokichi様
お忙しい中、ご丁寧にどうもありがとうございます。初めてコメントさせていただいた身なのに、こんなにもいろいろお教えいただき、本当にどうもありがとうございます。発表だなんて・・そんな大それたものではないんです。ラジオ番組で世界のお絵かき事情のコーナーがあって、今度それに出させていただくことになるようです。自分なりに色々調べたりもしているのですが・・お絵かきとなると、自分もこの年になって、お絵かきなんてしなくなったし・・。子供もいないしで・・。こちらは確かにキャラクターものって少ないですよね。何でもかんでもキャラクターに頼るのって、どうかな?って思っていたので、なんだか新鮮に思えます。もしかすると、現地の美術を勉強されている方のお話を伺うかもしれません。すみませんが、その時はどうぞよろしくお願い致します。本当にどうもありがとうございます。とても感謝しております。そして、感激しました。
akai (2006/07/20 5:25 PM)
こんにちは。
うちの娘も薬好きです。前に通っていた小児科の先生が、こどもが病院嫌いにならないように、ということを心がけていた先生で、お薬もこどもが飲みやすいような(同じ成分でも味とか違いがあるんですね)ものを選んで処方していたようです。そのせいか、薬のおかわりも欲しがってました(^^;)。
病は気から、って本当ですよね。あんまり薬に頼るのは好きじゃないので、おまじないのような薬のほうが体本来の治癒力が引き出せていい気がします。

p.s.
やっぱり送っていただいたメール、ダメだったみたいです・・・。PHSのアドレスを書いてみました。フィンランドカフェの新たな動きがあったときにでも、また送ってみてください。せっかく送っていただいたのに、本当にすみません・・・。
zerokichi (2006/07/21 10:01 AM)
akaiさま。こちらこそすみません。携帯から流すっていう手がありましたね。私も携帯からメールします!