<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< ホメオパシーと梅肉エキス | main | はつかだいこん・・・その後 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.09.03 Wednesday  | - | - | - | 

ねむり学校

ここ数日また坊主が39度以上の熱を出して、夜泣き叫んだりしていた。

眠くて朦朧としている中、ギャーギャー泣かれて起こされて、何をしても効かないのを久しぶりに体験して、あーそういえば赤ちゃんの時は毎日だったなあ、と思い出した。

夜中に1回も起こされないで毎日眠れるようになったのは、日本に帰ってきてからだから坊主が3歳近くになってからだ。
今はまだ、泣き叫びながら何か単語を発したりすることもあるので、何となくどうしたらいいか察しがついたり、相手が言葉もわかっていると知っているので言葉であやしてみたりできる。赤ん坊の時はわけがわからないし、立ってだっこしても何言ってもだめだったりしたしなあ、、。
どうにもならなくて、ラッコのようにお腹の上に乗せて寝ていた日々もそういえばあった。

フィンランドで勤めていていた時は、結構周りが心配してくれて、”今日は何回起きたか”なんていう質問を毎日された。私より半年あとに女の子を産んだ同僚は、夜1回しか起きないし、いいときは朝までぐっすり、なんて話を聞かされて、どうして坊主はあんなにショッチュウ起きて泣きまくるんだと悲しくなっていたものだった。

そんなときに、同僚が坊主を”ねむり学校”に連れて行けという。えーなにそれ、ねむるための学校?と、興味はあったものの、当時は毎日の生活に追われて結局いけずじまいで終わってしまった。

どうやら赤ん坊が夜鳴きをして頻繁に起きるのは眠りのリズムによるものだということで、病院に連れていって、一晩だの何晩かだの両親なしで看護婦さんに預けてそれを調整するものらしい。ちょっと前に結構はやっていたという話は聞いたが、私の友人の子供たちはみんな夜もよく寝るいいこちゃんばかりだったので、実際に使った人の話は聞いていない。

日本だったら、そんなもの我慢して母親が面倒見ろといわれそうなところを、ちゃんと両親お助け制度としてあるところが共働き当たり前のフィンランドらしいなあと思ったものだ。
もしかして日本もあったりして、と思ってインターネットで”睡眠学校”で検索してみたら、みんな大人のためか、小学生以上のものだった。

うーん、赤ちゃんの睡眠学校で起業したら、過酷な毎日を強いられている日本のおかあさんたちの役に立てるかも!!
2006.07.22 Saturday 10:35 | comments(2) | trackbacks(1) | しつけ | 

スポンサーサイト

2008.09.03 Wednesday 10:35 | - | - | - | 
kako (2006/07/24 1:50 PM)
毎日イヤな天気ですね。しばらくアップしていなかったようなので、もしや病気でもと思って心配していました。やはりお熱だったんですね。この天気では体調も崩れてしまいます。
夜泣きをするかしないか病気になりやすいかなりにくいかは本当に子供それぞれですよね。フィンランドでも一緒なんだなあ。男の子は手がかかるとよく言われますがうちも典型。いつも御世話になっている小児科の先生に「男の子は5歳にならないと安定しない」と言われて「え、、、5歳まで」と何度も思いました。(でも5歳を過ぎるとホントす〜っとラクになりましたよ。)それにひきかえ下の娘はあまり病気もしないし、夜もぐっすり眠る。神経も図太い(ような気がする)。同じ母親から生まれてこんなにも違うなんて!
大変だったあの時、睡眠学校があったらどんなによかっただろう、、と共感いたしました。ゼロくん、お大事に。
zerokichi (2006/07/24 10:00 PM)
kakoさんのところも同じだったのね。えー、5歳までー!でもあと1年か。がんばります。
それにしても、ここ数日の毎日超音波発生攻撃には結構まいってしまいました。やっぱり一日中うちにいたりするとストレスが溜まるって事かしらね。今日は久々に保育園に行って少しは機嫌がよくなって帰ってきたようです。









-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/26 12:39 PM |