<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 朝の儀式 | main | 生活団新園舎訪問 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.09.03 Wednesday  | - | - | - | 

かもめ

DVD屋に久しぶりに行ったら、なんと”かもめ食堂”が新作のレンタル棚にでていた。
きゃーと叫んで借りて帰って早速みてみた。
まわりのみんなに”絶対見てよー”と脅しをかけておいて、自分が見ていなかったのだから無責任もはなはだしい、、。
一番初めにでっかいかもめがどアップで登場するのだが、それを見て無性にフィンランドがなつかしくなった。
現在、海からそう遠く離れているところにすんでいるわけではないのだが、かもめに出会うことは皆無に等しい。でも、そうだった、ヘルシンキではどこに行ってもかもめが東京でいう”からす”のごとく出没する。(そういえば仙台ではからすってあまり見ないなあ、、)
近所の公園の鴨にえさをやりにいけば横から横取りしに来る。
外のカフェでパンを机に置き去りにして席を離れれば奪って逃げていく。
海をまたがる橋を車で走れば、街路灯1つに1羽がそのヘッドの上に乗ってみんなが同じ方向を見ている。
青空市に行けば、何かおこぼれをねらって地面をうろうろ。
会社の同僚は来る途中で、真っ赤なきれいなセーターの肩へものすごい落し物をされた。
やつらは体がでかい分、出るものもすごい。

いろいろ思い出すとあまりプラスのイメージのないカモメたちだったが、ああやって画面上で見ると結構きれいだし、なるほどヘルシンキの象徴ともとれる。
なんで”かもめ”食堂なんだろうと思っていたが、ものすごく納得した。

映画は、想像していたよりもずっと現実的だった。ストーリーはともかく、元コーヒー屋の彼をのぞけば、出てくるフィンランド人のタイプもしぐさも言っていることもいかにもありそうだし、出てくる場面は実際にある場所ばかりだし、日常生活を切り取ったようなかんじだった。鍋から小物に至るまで、あそこまで徹底してフィンランドのブランド物を使っているところはあまりないかもしれないが、カフェもフィンランドらしい。
たぶん照明を焚いていたのだろう、いくら壁が白くてもあの場所であんなに店内が明るくなるかなあ、とは思ったが、主人公のうちで夜ふたりでごはんを食べているシーンなどは、うすら明るい夏の夜のかんじがものすごく良く出ていて、光を通してもフィンランドらしさを感じることが出来た。

アキ・カウリスマキの映画より、素直なフィンランドの姿を知ってもらえるお茶目な映画だった。出てくる女優さんたちもとても個性的だがお友達になってみたいタイプだったし、、、。

最近、ヘルシンキの新聞にもかもめ食堂として使ったカフェが記事として載っているのを友人が送ってくれた。日本人の観光客には今や観光コースのひとつの場所になっているとあった。デザイン・建築関係以外の日本人が来た時にいつも案内する場所に困っていたのだが、いい場所ができた。現地の日本の友人たちも喜んでいることだろう。

2006.10.24 Tuesday 12:16 | comments(9) | trackbacks(0) | - | 

スポンサーサイト

2008.09.03 Wednesday 12:16 | - | - | - | 
yanz (2006/10/30 9:25 AM)
ご無沙汰でしています.blogのデザイン替えられましたね.すっきりしていい感じですね.
やっとかもめ食堂を見られたのですね.確かに,出てくる小物は,フィンランドで言えば,ブランド物ばかりで高価なものばかりですね.まあ,スポンサードの関係もあるのでしょうけど(エンドロールに並んでましたよね),フィンランドに行った後には,他にもいいものは一杯あるのに狙いすぎという面も無きしもあらずですね.映画だから仕方ないのでしょうけど.
もちろんカフェ・スオミは行きましたよ.今でも窓には,”かもめ食堂”と水色で書かれているのでしょう.日本人も多く見かけました.あれがフィンランドでは大衆食堂なんでしょうね.料理も自分でよそうのも,そんな感じでした.結構道に迷いながら行ったのですが,実は,泊まったホテルのすぐ近く(トラムですぐ)ということに気がついてビックリしたものです.
zerokichi (2006/10/30 10:38 AM)
yanzさん、こんにちは!
そうですか、行ってらしたんですね!
私も今度行ったときは是非訪れてみたいと思います。私の周りでもあの映画を見て、フィンランドに興味をもたれたかたもたくさんいらっしゃるので、あの映画の功績は大きいなあと感じています。
今度だれか冬の映画作ってくれないかなあ、、。どんなふうになるか見てみたい。
- (2010/01/17 11:21 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2010/02/02 9:44 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2010/02/08 6:15 AM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2010/07/09 9:34 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2010/10/04 4:31 AM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2011/04/04 10:12 PM)
管理者の承認待ちコメントです。
- (2011/06/02 6:46 AM)
管理者の承認待ちコメントです。